助産師ブログ

助産師ブログ

生理について

2018/01/26月経不順

こんにちは

 

まだ、雪が残っていて寒いですね。

今週は寒いからなかなか雪がなくなりませんね。

 

さて、

生理について

 

40歳を過ぎた女性の訴えで

 

生理周期が早くなってきた

生理周期が遅くなった

生理期間が短くなった

生理期間が長くなった

生理の量が減った

生理の量が増えた

 

など生理の変化の訴えが多いように感じます。

 

実は私も

40歳を過ぎたころから

生理の量も減り、短くなり周期も以前は28日周期だったのが

28日周期、25日周期、21日周期とばらばらになってきました。

 

私ももう若くない見た目もそうですが体の中も若くなくなってきたのでしょう。

卵巣の機能が弱まってきているためと考えられます。

 

生理のトラブルで

問題になるのは

「子供が欲しい!」という人の場合は

かなり問題かもしれませんが

 

特に子供が欲しいということがなければ

そこまで大きな問題にはならないと思います。

 

ですので

1年に1度婦人科検診をされていれば安心でしょう。

 

ただ、生理の量が多すぎたり、生理周期に関係なく出血があるなどは

検診に行って診察をしっかりしてもらいましょう。

 

また、

閉経近くなって体調が変化してくることもあります。

更年期症状が出てくる人もいます。

 

閉経もまちまちで

突然閉経する人もいれば

生理が早まったり、遅くなったりばらばらになり2~6か月に1度くらいになったり

もう終わったのか~~~と半年後くらいに急に生理が来たりなどいろいろです。

 

生理なのか異常の出血なのかわからないなどもあると思いますが

これも最低1年に1度婦人科検診をしていればそんなに心配されなくても大丈夫だと思います。

 

でも、心配な方はやはり一度相談し異常ではないことを確認できるとより安心ですよね。

 

更年期症状は閉経の前後に体調が変化し

よく言われるホットフラッシュ(暑くないのに急に顔だけ汗をかく)

疲れやすい、イライラ、肩こり、関節痛、不眠、集中力低下などいろいろな症状があります。

これらの症状も生活に支障がなければ治療する必要もありません。

 

治療が必要な方は

日常生活、仕事のミスが多くなるなど、症状によって日常生活が苦痛になっているようなときは

一度ご相談ください。

場合によっては更年期症状ではなく自律神経の乱れから来る症状のこともありますが

ご心配な方は一度相談してみるといいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネット予約受付 当院は完全予約制としております。前日の夜9時(21時)まではこちらから予約できます。それ以降は当日直接お電話ください。

前日迄の予約専用ダイヤル

前日迄の予約専用ダイヤル

問診票ダウンロード

診療メニュー
  • 一般婦人科外来
  • 子宮がん・卵巣検診
  • 中絶手術
  • 更年期障害
  • プラセンタ療法
  • 避妊相談
  • 予防接種
  • 性病検査・治療
  • ブライダルチェック
  • 婦人科訪問診療
  • 助産師外来(産後ケア)

助産師ブログ

インファントマッサージ

メディカリスト

温活サロン 心音(ここね)