予防接種

予防接種

子宮頸癌ワクチン

子宮頸癌ワクチン

子宮頸癌とは

子宮頸癌は、20代~30代の女性に多いといわれる癌です。

子宮頸部(子宮の入り口付近)にできる癌のこと。
HPV(ヒトパピローマウィルス)による感染が原因です。

HPVは皮膚や粘膜に存在するありふれたウイルスで、100種類ほどあります。
そのうち15種類ほどが「発がん性HPV」と呼ばれています。

「発がん性HPV」は性交渉で感染

性交渉経験のある女性の約80%が、一生に一度は「発がん性HPV」に感染するといわれています。しかし「発がん性HPV」に感染しても、子宮頸癌になるのはごく一部です。
感染しても90%以上は体内から自然排除されるからなのです。
ただし油断は禁物。定期検診と早期発見がとっても重要になるのです。

対策は予防ワクチンで!

「発がん性HPV」のなかでもHPV16型・18型は特に子宮頸癌になりやすく、20~30代の患者さんから高い頻度で見つかります。その対策となるのが予防ワクチンの接種で、HPV16型・18型を防ぐことができます。

10代から接種しよう!

子宮頸癌は比較的若い女性に多くみられ、特に20~30代の女性で急増しています。子宮頸癌は若い女性の妊娠や出産の可能性を脅かすもの。しかし初めのうちは自覚症状がないため、自分では気づくことができないだけに、若い時からきっちりと対策しましょう。

2種類のワクチンから自由に選択できます

子宮頸がんワクチンは「サーバリックス」と「ガーダシル」の2種類から、ご希望のワクチンを選択できます。どちらかのワクチンを接種すると、途中から他方のワクチンに変更することはできません。

半年間で3回接種を

初回接種、初回接種から1ヶ月後、初回接種から6ヶ月後の合計3回の接種が必要です。
3回の接種で十分な効き目が得られます。

接種後に、注射した部分が腫れたり痛むことがありますが、これは体内でウイルス感染し対して防御する仕組みが働くため。通常は数日間で治まります。

子宮頸癌ワクチンの料金について

初回 17,000円
(初回診察料込み・税別)
2回目・3回目 16,000円(税別)
3回合計 49,000円(税別)

ネット予約受付 当院は完全予約制としております。前日の夜9時(21時)まではこちらから予約できます。それ以降は当日直接お電話ください。

前日迄の予約専用ダイヤル

前日迄の予約専用ダイヤル

問診票ダウンロード

診療メニュー
  • 一般婦人科外来
  • 子宮がん・卵巣検診
  • 中絶手術
  • 更年期障害
  • 避妊相談
  • 予防接種
  • 性病検査・治療
  • ブライダルチェック
  • 婦人科訪問診療
  • 助産師外来(産後ケア)

助産師ブログ

インファントマッサージ