性病検査・治療

性病検査・治療

クラミジア

クラミジアの症状

  • 初期にはほとんど自覚症状がない
  • オリモノの増加
  • 下腹部痛
  • 性行為の際の痛み
  • 上腹部の激痛

性交で子宮やノド(咽頭)に感染します。
検査は、子宮の入り口やノドを綿棒でこするだけの簡単なものです。痛みもなく2~3分で終わります。クラミジアに感染していても薬を1回飲むだけでほとんどの場合、治ってしまいます。現在、最も多くの女性がかかっている性病ですが、初期にはほとんど症状がないので検査しないと感染しているかどうかは分かりません。放置するとお腹の中に広がり、腹痛や妊娠しにくくなる可能性がありますので、早期発見と早期治療が大切です。

淋菌

淋菌の症状

  • 初期にはほとんど自覚症状がない
  • オリモノの増加
  • オリモノに黄色の膿が混じる
  • 下腹部痛
  • 不正出血
  • 性行為の際の痛み

性交で子宮やノド(咽頭)に感染します。検査は、子宮の入り口やノドを綿棒でこするだけの簡単なものです。痛みもなく2~3分で終わります。淋菌に感染していても薬を1回注射するだけでほとんどの場合、治ってしまいます。初期にはほとんど症状がないので検査しないと自分が感染しているかどうかは分かりません。放置するとお腹の中に広がり、腹痛や妊娠しにくくなる可能性がありますので、早期発見と早期治療が大切です。

トリコモナス

トリコモナスの症状

  • 3~4割の感染者にはほとんど自覚症状がない
  • オリモノの増加
  • 悪臭のあるおりもの
  • 黄色や黄緑色の泡立ったオリモノ
  • 性器のかゆみ、不快感、ヒリヒリ感
  • 性器の色が少し赤っぽくなる
  • 排尿時の不快感、痛み

主に性交で膣などに感染します。感染すると悪臭のする黄色や黄緑色のオリモノが増え、外陰部がヒリヒリするといった症状がでます。検査は痛みもなくすぐに終わります。感染していれば膣の中に入れる薬と飲み薬を10日間使って治療します。

カンジダ

カンジダの症状

  • 強いかゆみ
  • 白色のかたまりのあるオリモノ
  • オリモノの増加
  • セックス時の痛み
  • 外陰部の熱っぽさ、痛み、腫れ、赤くなる

性交によっても感染しますが、多くは、もともと膣内にいたカンジダが体調不良や抗生物質の服用などをきっかけに増えると外陰部が赤くなる、かゆみや痛み、白いポロポロしたオリモノがでるといった症状が起きるようになります。検査は痛みもなくすぐに終わります。ぬり薬と膣の中に入れる薬を使えばほとんどの場合、1週間以内にかゆみなどの症状はなくなります。

性器ヘルペス

性器ヘルペスの症状

  • 太ももの付け根(リンパ節)が腫れて痛む
  • 1~2mmの水ぶくれが複数できる
  • 水ぶくれが破れて潰瘍(ただれ)に
  • 潰瘍による強い激しい痛み、歩くことが出来ないことも
  • 発熱
  • 全身倦怠感
  • 排尿困難
  • おりものなどに変化は無い
  • 太ももの裏に神経痛の様な痛み

外陰部や膣内に水ぶくれや潰瘍ができて強い痛みがでます。見ただけでヘルペスと分かりますので、特別な検査をする必要はありません。ヘルペスに効く飲み薬や塗り薬を使えばたいてい1週間以内に痛みなどの症状は治ります。性交によって始めてヘルペスに感染してから数日で痛みなどの症状がでることもありますが、過去の性交で感染したヘルペスが再発している場合もあります。 一度、感染すると体調不良のときなどに再発しやすくなります。

HIV(エイズとなるウイルスです)

HIVの症状

  • 大半は初期には症状がでない
  • まれにかぜやインフルエンザに似た症状がでる
  • 発熱
  • 咽頭痛
  • 倦怠感
  • 筋肉痛と関節痛

血液を採取して検査します。
感染してからすぐに検査しても分かりませんので、性交から1ヶ月半~2ヶ月以上経ってから検査する必要があります。

梅毒

梅毒の症状

  • 3週間の潜伏期
  • [第1期]感染したところの皮ふや粘膜しこりができやがて潰瘍になる
  • [第1期]太ももの付け根のリンパ節が腫れるが痛みはない
  • [第2期]全身にうすいピンク色の皮疹ができる
  • [第2期]赤茶色のやや盛り上がったブツブツができる
  • [第3期]皮下組織に大きめのしこりができる
  • [第4期]心臓、血管、神経に障害がでる

血液を採取して検査します。 感染してからすぐに検査しても分かりませんので、性交から1ヶ月くらいしてから検査する必要があります。感染している場合は、飲み薬を1ヶ月くらい使って治療すれば治ります。外陰部に1cmくらいの痛みのない潰瘍ができているときなどは特に検査を行う必要があります。

B型肝炎ウイルス

B型肝炎ウイルスの症状

  • 体がだるい
  • 食欲がない
  • 濃い色の尿が出る
  • 発熱
  • 体や白目が黄色っぽくなる

血液を採取して検査します。

ヒトパピーローマウイルス

ヒトパピーローマウイルスの症状

  • 感染しても症状は出ない
  • ほとんどは自然治癒する
  • 感染が続くと子宮頚がんの原因になる

性交で感染して子宮頚がんのなどの原因になるウイルスです。
検査はブラシで子宮の入り口をこするだけの簡単なものです。痛みもありません。
このウイルスには100種類くらいのタイプがあり、タイプによって起こる病気も違ってきます。例えば、16型や18型などは子宮頚がん、6型や11型はコンジローマ、2型や4型は手足にできるイボ、3型や10型は顔にできる平らなイボ(青年性扁平疣贅といいます。)の原因となります。検査はこのうち子宮頚がんを起こす16型や18型などのハイリスクタイプに感染しているかどうかを調べます。

ネット予約受付 当院は完全予約制としております。前日の夜9時(21時)まではこちらから予約できます。それ以降は当日直接お電話ください。

前日迄の予約専用ダイヤル

前日迄の予約専用ダイヤル

問診票ダウンロード

診療メニュー
  • 一般婦人科外来
  • 子宮がん・卵巣検診
  • 中絶手術
  • 更年期障害
  • プラセンタ療法
  • 避妊相談
  • 予防接種
  • 性病検査・治療
  • ブライダルチェック
  • 婦人科訪問診療
  • 助産師外来(産後ケア)

助産師ブログ

インファントマッサージ

メディカリスト